ピンクゼリー 障害

ピンクゼリーなどを使用することで障害児が生まれる確率が高くなることはありませんし、病院の先生も障害のある子供が産まれることはないと言っています。
MENU

ピンクゼリーの使用で赤ちゃんに障害が発生する可能性は極めて低い

いろいろな考えや理由から希望する性別の赤ちゃんを授かる確率を高めたいと考える方もいて、そのような方の強い味方になってくれるのがピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーです。
生まれてくる赤ちゃんの性別は、Y染色体とX染色体の精子どちらが受精するのかで決まるので、受精した時にはすでに決定されているのです。
ちなみに、Y染色体をもつ精子が受精すると男の子で、X染色体をもつ精子が受精すると女の子です。

 

このX染色体とY染色体をもつ精子には、アルカリ性に強い・酸性に強いといった特性があって、その特性を利用したのがピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーなのです。
男の子が生まれるY染色体をもつ精子はアルカリ性に強くて、女の子が生まれるX染色体をもつ精子は酸性に強いと言った特性があります。
その為、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーを使用して女性の膣内を、酸性かアルカリ性かに調整することで産み分けすることができるのです。

 

しかし、このように産み分けゼリーを使用して膣内の状態を不自然に調整することで障害や副作用がないのかと心配される方も少なくないです。
特に、生まれてくる子供に障害が発生することがないのかを不安に感じる方もいます。
しかし、ピンクゼリーなどを使用することで障害児が生まれる確率が高くなることはありませんし、病院の先生も障害のある子供が産まれることはないと言っています。
また、生まれてくる赤ちゃんに障害や奇形が発生する主な要因としては、卵子や精子の染色体異常・ウイルス・放射能などです。
その点を考えてもピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーの使用で生まれてくる赤ちゃんに障害が発生することは極めて低いことと言えます。

 

ピンクゼリーの副作用や障害などついての口コミは?

ピンクゼリーは、女の子が欲しくて産み分けに挑戦したい方の強い味方になってくれる産み分けゼリーです。
ピンクゼリーを使用することで膣内環境を酸性に保つことで、女の子が生まれるために必要なX染色体をもつ精子が有利に活動できるようにするのです。
それにより女の子を授かる確率が高くなるのです。

 

ただピンクゼリーは膣内に入れて使用することや中国製ということがあって、副作用や何らかの障害が発生しないのか不安や心配をされる方も少なくないです。
その為かピンクゼリーの口コミの中には、不安や心配・疑問などに関係するものもいろいろとあります。

 

例えば、ピンクゼリーを通販で購入しようと考えているのですが、ピンクゼリーは本当に副作用などないのか疑問を感じています。
また、ピンクゼリーは中国製なので、もし何かあってもう妊娠できない体になってしまったらと不安に感じていますというのがあります。
ただ、その口コミの結論としては、こうした疑問や不安はありましたが、実際使用してみたら何の問題もありませんでしたし願い通り女の子を授かることができましたと締めくくられています。

 

ピンクゼリーの口コミを調べてみると、使用や効果に関しては賛否両論ですが、副作用や障害などに関する口コミはありません。
また、実際にピンクゼリーを使用したことで副作用や障害などが発生したという報告も一切ないのです。
しかし、使用に関しては自己責任ということも言えるので、副作用や障害などが不安な方は、使用しない方が無難と言えます。
また使用して産み分けすることや効果に関しては賛否両論なので、様々な口コミを参考にして検討してみると良いです。

このページの先頭へ