ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は?ピンクゼリー完全ガイド

ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は?

ピンクゼリーとは

ピンクゼリーとは、女の子を授かりやすくするために、性交渉をする直前に女性の膣内に注入する潤滑ゼリーのことです。

一般的には産み分けゼリーとも言われています。

ピンクゼリーの成功率は70~80%

ピンクゼリーを使う事によって、女の子を授かる確率を70~80%にまで向上させることができると言われています。

ピンクゼリーの仕組みとは

X精子とY精子

赤ちゃんは精子の種類によって性別が決まります。
精子にはX精子とY精子の2つの種類があり、X精子が受精すると女の子になります。

女の子になるX精子は、酸性に強くアルカリ性に弱いという特徴があります。
逆に男の子になるY精子は、アルカリ性に強く酸性に強いという特徴があります。

つまり、膣内の環境を酸性に近づける事で、酸性に弱いY精子の数を減らし、女の子になるX精子が受精する確率を高めることができるわけです。

ピンクゼリーの役目は膣内環境を酸性に近づける事です。

ピンクゼリーにも色々な商品があります。

ピンクゼリーの商品

ピンクゼリーを含め、産み分けゼリーと呼ばれている商品はいくつかあります。

しかし、ピンクゼリーの目的である膣内環境を酸性に近づけるという事を考えると、購入するべき商品は限られています。

ピンクゼリーを含め、産み分けゼリーとして有名な商品は4つあります。
全て通販で購入できます。

  • ・ピンクゼリー(ジュンビー株式会社)
  • ・PinkJelly(株式会社PRスギヤマ)
  • ・ベイビーサポート(株式会社 Coussinet)
  • ・ハローベビーガール(シンゲンメディカル株式会社)

買ってはいけない商品2つ

PH値

4つの商品の水素イオン指数(PH値)を計測してみたところ、ベイビーサポートとハローベビーガールに関してはPH6~7程度でほぼ中性。
つまり、膣内環境を酸性に調節する効果は全く期待できないと予測されます。
2つとも有名な商品だけにビックリの結果ですが、この2つの商品は買ってはいけない商品だといえます。

そもそもベイビーサポートとハローベビーガールは、「管理医療機器」どころか「化粧品」の認証も獲得できていない「雑貨」です。本来産み分け目的で使用することは許可されていない商品です。

ピンクゼリーとPinkJelly、どっちが良いの?

ピンクゼリーとPinkjellyは、どちらもPH2~3程度で酸性。
「管理医療機器」の承認も獲得済みで、産み分け目的で使用することも許可された商品です。

使いやすさ、衛生面でピンクゼリーに軍配

ピンクゼリーとPinkJelly、どちらも産み分け目的で使用できる商品ですが、一番の違いは使いやすさと衛生面です。

PinkJellyは容器を湯せんしてから、使用する分を注射器で吸い出して、膣内に注入する必要があります。注射器は何度も使い回す必要がありますし、残ったゼリーはまた蓋をして保存しておかなくてはいけません。
非常に使いにくく、しっかり管理しないと衛生面でも心配があります。

ピンクゼリーは1回分ずつ個装されており、はじめからシリンジにゼリーが入っています。
袋から出して、キャップを外すだけでそのまま使えるので、非常に使いやすく衛生的です。

コスパにも大きな違いが

ピンクゼリーとPinkJellyではコスパにも大きな違いがあります。

ピンクゼリーは10回分で14800円。
(1回当たり1480円)

PinkJellyは5回分で10000円。初回購入時には会員登録量として更に5000円必要です。
(1回当たり3000円)

ピンクゼリーは2箱セットで買うと26600円。
(1回当たり1330円)

3箱セットだと38400円。
(1回当たり1280円)

多く買うほどお得になります。
コスパで考えても、ピンクゼリーにするべきでしょう。

→ピンクゼリーの販売サイト

ピンクゼリー商品比較表

ピンクゼリー商品比較表

ピンクゼリーの商品を比較したまとめです。

まず、管理医療機器として体の中に入れて使えると認められている商品は、「ピンクゼリー」「PinkJelly」の2つです。

膣内環境を酸性に調整する効果が期待できるのは水素イオン指数(PH値)が酸性の「ピンクゼリー」「Pinkjelly」の2つです。

瓶入りの「PinkJelly」は、管理・衛生面で×。

使いやすさでいうと湯せんとゼリーの装填が必要な「PinkJelly」は×。

1回当たりのコスパではピンクゼリーが◎。更にまとめ買いするともっとお得になります。

すべての面において「ピンクゼリー」が優れています。

今、女の子を産み分けするための産み分けゼリーを買うなら「ピンクゼリー」がおすすめです。

→ピンクゼリーの販売サイト

ピンクゼリーを使用して女の子が生まれる確率は?

一人目が男の子だったので二人目は女の子が欲しいと言った考えから産み分けを検討する方もいます。
また、女の子ならかわいい服を着せてあげたい、将来の話し相手や相談相手になってもらえそう、老後の面倒をみてもらえそうなどと言った理由で産み分けチャレンジする方もいます。
こうした産み分けに関しては賛否両論の意見がありますが、近年では比較的気軽に産み分けができる時代になっていることは確かですし、希望する方も少なくない状況です。

この産み分けの方法として一般的に用いられるのが、ピンクゼリーをはじめとする産み分けゼリーの使用です。
産み分けゼリーとは、男の子が生まれるY精子や女の子が生まれるX精子それぞれにとって活動しやすい環境へ膣内を人工的に変えることで産み分けするものです。
他の産み分け方法よりも効果が高いとされているのですが、実際にピンクゼリーなどを使用することで、男の子や女の子を産み分けられる確率はどの程度なのでしょうか?

女の子を希望する際に使用されるピンクゼリーでの成功確率に関するデータがあります。
ピンクゼリーを使用して排卵日2日前に性交することを条件として、7,958人を対象に検証したデータで、対象者のうち7,129人が出産して、女の子が生まれたのが5,700人です。
つまり、女の子が生まれる確率は約80%になるので、驚異的な確率ということができます。
ただし、成功確率に関しては50%とか70%とか様々な意見があるようで、一概に80%の高い確率があるとは断定できません。

また、ピンクゼリーはただ単に使用するだけではなくて使い方やタイミングを考慮しなくては確率が高くならないと言われています。
そのタイミングとは、女の子が欲しい時は排卵日の2日前を基準にすると言うことで意識すると確率が高くなります。

科学的根拠に基づき、女の子を産む効果が高いとされているピンクゼリー

妊娠した際に最も気になる事といえば生まれてくる子供の性別は男と女の一体どちらなのか?という事ですが、これは近年になって男性側の精子の頭部に入っている23個の染色体の内の1個がどの様な物なのかによって生まれてくる子どもの性別が決まるという事が科学で立証された物となっています。
この理論は精子の染色体にはX染色体とY染色体の2つがあってX染色体2つから成る酸性に強いX精子の場合には女の子が、X染色体とY染色体が組み合わさったアルカリ性に強いY精子の場合には男の子が生まれるという物です。
これと精子が侵入する事になる膣内の特性によって生き残りやすい物が決まるという事が科学的に立証された事によって男女の産み分けを可能とする産み分け法が誕生したのです。
今回紹介するピンクゼリーは上述の理論で立証された膣内特性が酸性かアルカリ性かで子供の性別が決まるという科学的根拠に基づき開発された産み分け用ゼリーとなっています。
これは膣内に入れる事によって膣内特性を酸性にするという物で、使用する事によって女の子が産まれやすくなるのです。